ブログトップ

辰巳ファミリーのいろいろ日記

mizuyuchi.exblog.jp

辰巳ファミリーのブログです。

イナゴの佃煮・・・

 先日ファミリーでTVを見ていたら、蜂の子を採るシーンや蜂を食べるシーンがありまして・・・確か蜂だけ食べて3日間とか何とかいう番組で・・・、辰巳ファミリーのなんといっても長老約一世紀生き抜いたおジーさんに「蜂、食べたことありますか?旨いですか?」と尋ねたところ・・・。「蜂は食べたことないねぇー。イナゴはうまいけどねぇー。あれは焼いて食うと香ばしくってほんこんうんまいんですよぉ!」と返事が返ってきました。
辰巳パパ「うん?焼いて食う?」「焼いて食うんですか?」
おジーさん「そぉ-なんですよ。あれねぇ。フライパンで焼いてねぇ食うと香ばしくってほんこんうんまいですよぉ。」
 よく道の駅なんかでイナゴの佃煮なるものを見かけて、試食してお金出してまで食うもんでもないと思ってただの一度も買ったことがないんですが・・・。おジーさん曰く「ほんこんうんまいもの」を食べさしてやりたっくって・・・「そーいやぁ、東久留米の北口の商店街に自然食の美味しいものばっかり売っているお店があって、確かそこにイナゴの佃煮があったので、買ってまいりました。
c0206739_21262971.jpg

 本日は雨で、朝辰巳パパは例のごとく自転車で中野まで出勤したんですが、あまりの寒さと雨にくじけて電車で帰って参りまして・・・自宅に戻っておジーさんに「買ってきたよ。」と手渡したところ・・・、「おおこれがあれば、これだけでまんまがくえるなぁ。」
辰巳パパ「おジーさん。おジーさんが食べたがっていたもんだよ!良く見てよ。」
ママちゃん「イナゴ、買ってきたんだよ。おジーさん!」
おジーさん「ほぉー。これがイナダねぇー。」
ママちゃん「イナゴだよ。おジーさん!」
おジーさん「ほぉー。イナゴねぇ!ほんこんうんまいんだよねぇー。」
 まあ、辰巳ファミリーのおジーさんとのどーもちょっとちぐはぐのいつもの会話であります。
 とりあえず食べて頂いたところ・・・「うんまいねぇー。ほんこんうんまいねぇー。」と言いながら、パクパク食しているのであります。子供たちは、なんか別の人種を見るように眺めております。辰巳パパはまあ喜んでもらえて良かったと思って眺めていたんですが・・・。ママちゃんが試食「おとーさん!これ、おいしいよ!」って言うんで私も試食、佃煮なのにカリッとしていて「ほんこんうんまい」んです!
 怖いもの知らずのそれでもって食わず嫌いの三女智秋が試食「おいしいね!」
 二女祐希が試食。無言。でもまずいとは言いません。
 最後に長女瑞季がほんのちょっとずつかじるようにあの小さいイナゴをそれこそ百分割しながら・・・ぎゃあぎゃあ言いながら食べておりますと・・・
 三女智秋「そのお腹のところ食べるとぶちゅってでてくるよぉー!」ほんとはカリカリしていてそんなもの出てこないんですが・・・、脅かすんです。すると・・・。
 瑞季がまた、ぎゃあぎゃあ、意味不明の雄たけびをあげながら・・・ちびりちびり・・・。ほんとアホであります。
ぱくっ、カリカリ美味しいって感じなのに、ちびりちびりあの小さなイナゴを百分割!それこそ30分位かけて食しておりました。辰巳パパはあほらしくって・・・その後どーしたんだか・・・。
 まぁ辰巳ファミリーのいつもの会話こんな感じです。
 ところでイナゴどーやって調理するんですか?おジーさんの言うようにフライパンで炒るにしても、佃煮にするにしてもたくさんのイナゴ飛んで跳ねまわるやつどーやって調理するんですか?ひょっとしておジーさんが聞き間違えたように「イナダ」のように活け〆するとか・・・まさかねぇ(笑)
 佃煮にするにしてもあんな風にカリカリににつける方法どなたかお教え願いませんかね?コメントをお願いい致します。
   辰巳ファミリーより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-11-19 21:55 | ファミリーのトピックス