ブログトップ

辰巳ファミリーのいろいろ日記

mizuyuchi.exblog.jp

辰巳ファミリーのブログです。

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 子供たちはすんなり沼山峠から御池経由七入オートキャンプ場までバスで帰ってくれることとなり、私とママちゃんは、沼山峠の土産物屋でストックをそれぞれ購入。(一応形から入りたい中年夫婦であります。)
 子供たちとバイバイした後、山道を下り始めました。
c0206739_2213512.jpg

下り初めてほどなく土地の人が「もだし」と称するナラタケの群生を発見!他にもいろいろキノコを見つけるが、どーも見たことないのが多いのでそれぞれわからないキノコ、自信のあるキノコと袋によりわけながら採取です。
 途中、後ろから何やらガサガサ降りてくる・・・実はこの山道、われら怪しい夫婦以外だーれもいないのです。熊???一瞬ビク!!!  若いお兄ちゃんが独り今日中に福島に帰りたいとか・・・走って降りてきたのでありました。
 さらに二人きりで山道を降りていく・・・
c0206739_22231727.jpg

「抱返の滝」という看板がありました。そんなに壮大でもなんでもありませんが、とってもきれいな滝でした。
ママちゃんと二人っきりの久々デートであります。
 まあそんな事をしながらキノコもナラタケのほかハナイグチ・ブナハリタケ・クリタケのほか食べられそうにないキノコも多数採りながら七入キャンプ場に約2時間かけて到着・・・
 私は連日の山歩きで股関節まで痛くなってしまいました。
キャンプ場に到着すると子供たち・愛犬マックのお出迎・・・高橋隊長とヨーダさんは山桜の植樹の真っ最中でありました。
 怪しい面々隊両2名は、本日夜のご帰宅予定なので、夕食を一緒にするためのも辰巳ファミリーは、急いで温泉に直行でありました。
   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-30 22:33 | ファミリーのトピックス
c0206739_2292488.jpg

尾瀬湿原より見える秋の燧ケ岳でありまーす。

c0206739_2157484.jpg

 9月21日シルバーウィーク3日め、辰巳ファミリーは高橋隊長らと朝食後別れ、尾瀬までファミリーでハイキングに行きました。
 8月のファミリーキャンプではなにせ、雨に泣かされましたが、まるで仇をとるような好天にめぐまれ、最高の思い出となりました。連休により尾瀬に入る人が多いため8月は御池の駐車場まで車で移動しましたが、今回は七入オートキャンプ場前の駐車場からバスで沼山峠まで運んでくれます。おかげでゆっくりできました。
c0206739_2294770.jpg

 実はこの日昨日来怪しい面々隊よりご教授うけたキノコ狩りの復習と、本日辰巳ファミリーで自力でキノコの収穫を試したくて・・・しかし軟弱な長女・少々ぜんそく気味の二女・小2の三女を連れていくには2時間に及ぶ下り山道は過酷・・・!ここは運動不足気味を自覚しつつあるママちゃんを連れて降りようと計画していたのであります。後は子供たちにうまく話して3人で七入オートキャンプ場までバスで帰ってもらうその算段だけを考えておりました。
   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-29 22:17 | ファミリーのトピックス
 9月20日シルバーキャンプ二日目、辰巳ファミリーが8月の七入オートキャンプ場でのキャンプ(辰巳ファミリーのHP)を終え帰宅した後、怪しい面々隊の奴隷隊員1号ポーさんより奴隷隊員に認定された、(うろんな日々ポーさんのブログ参照)通称赤車さんアイヤマさんご夫婦(10号11号)佐藤さん(13号)が、わがファミリーテントに挨拶に来る…ヒビャさんご夫婦は面識があったようだ。ヒビャさんご夫婦より高橋隊長とヨーダさんにも紹介される。
 さっそくファミリーテント(寒冷地仕様)の中にご案内し、チビストーブおよびテントにぶら下げてあった燻製類をみせる。アイヤマさん達はベーコンにいたくお気に入りのようで、晩餐にお誘いした。
c0206739_226428.jpg

c0206739_2284071.jpg

本日のメニューは、昨日私が疲労困憊なおかつ酔っぱらいながらも踏みとどまって作り上げた鶏ささみの燻製・ベーコン・秋刀魚の燻製、焼きおにぎり、メーンデッシュは、ヒビャさんの奥さんが作ったてんぷら(岩魚・ブナハリタケ・ピーマン・春菊)そしてヨーダさんが心をこめて作ってくれたナラタケ(もだし)ハナイグチ(べろんべろん)の茹でたもののおろし和え、さらに高橋隊長自信作マスタケの野菜炒め、もうひとつおまけに近くにいた渓流釣りが目当てで来られたこちらもやや怪しい中年男性3人組よりおすそ分けしていただいた、牛カルビの網焼き・・・。おしんこもあったっけ・・・。デザートはアイヤマさんの奥さん手作りのチョコレートケーキ(アーモンド・干しブドウがどっさり入ったダッチオーブンで作った・・・)どれもこれもうんまいうんまい!
 昼間の沢登りの疲れもあったがうまいお料理と楽しい会話そしてうんまいビール・岩魚骨酒で楽しいひと時を過ごすことができた・・・。ヒビャさんご夫婦と高橋隊長には私たちよりさらに過酷な沢登りをやった(怪しい面々隊高橋隊長のブログに奮闘記事が載っております)にもかかわらず、こんなおいしいものをたくさんご用意していただき本当に感謝感謝の夜であった。
c0206739_22272436.jpg

 実はこの日、ママちゃんが午後から腕によりをかけてわがファミリーのチビストーブでおでんを煮込んであったが、食べきれないので、翌日のメニューとなってしまった。
 さらに連休前に購入してあった最高に旨いホルモンはこの日も陽の目を見ることなく、管理棟の冷凍庫に眠らされていたのであったのでありまーす。
   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-28 22:34 | 七入オートキャンプ場
 本日、辰巳ファミリーの月下美人が咲きました。たった一輪ですが、とーってもいいにおいです。
昨年7月にここに越すまでマンション暮らしでした。マンションでは、冬があったかだったせいか毎年4~7輪咲きましたが、昨年暮れから今年にかけてやはり戸建に住んだせいか寒さ対策に失敗し今年は1輪です。
c0206739_23411191.jpg
   
  辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-27 23:41 | ファミリーのトピックス
c0206739_1841570.jpg
 9月20日七入オートキャンプ場二日目、前日の宴会でヨーダ師匠に「辰巳さん明日はどーすんだいーぃ?」と聞かれたので「明日は大丈夫です!釣りの支度もしてきました。」と答えながら、仕事でお世話になっているM氏にいただいた渓流竿を見せると「じゃーぁ、一緒にいこうかぁ。初心者コース連れて行くから。」と約束していたので、渓流釣りに挑戦することになった。
 AM5:00起床。愛犬マックに起こされママちゃんと犬の散歩。外はぐーと冷え込んで晩秋の気配。高橋隊長とヒビャ夫妻は、上級者コースにて釣るため3時に出てしまっている・・・。ファミリーテントでストーブに火をいれコーヒーを準備していると、ヨーダ師匠が留三郎小屋より出てきて、「3時から起きて仕掛け作っといたよーう」昨晩ママちゃんが作ってくれたスイトンで簡単に腹ごしらえをし、舞茸ご飯のおにぎり(高橋隊長直伝の鰻ダレで味付けした・・・)を2個づつもってママちゃんに渓流に入る秘密の場所に連れて行ってもらう。ヨーダ師匠「この辺は、車が停められないから滅多に釣り人が入んないだよーう」車から降りて、熊笹を掻き分け急な傾斜を降りると目指す沢に・・・。
 そこから二人での7時間に及ぶ渓流のぼりが始まった・・・。
c0206739_18392998.jpg
c0206739_183932.jpg

 実は先客がいたのだ。ヨーダ師匠「魚影がないなーぁ!魚がいないよーう」とぼやきながらも釣果を重ねていく。私、仕掛けが枝に絡まったり、水中の木に引っかかったり・・・悪戦苦闘!そんな風に苦労しながら上っていくと先客の足跡・・・昨日の???そのうち真新しいタバコの吸殻・・・がっかり・・・でもすでに戻ることも出来ない場所。仕方なく渓流登りを続ける・・・私もなんとか1尾ゲットでも小さいので放流する。途中でイグチ茸となら茸とブナハリ茸を採りながら水源近くまで登ったのであった・・・。ヨーダ師匠は、最大25センチクラス2尾を筆頭に10尾釣り上げ本日の釣りを終わりとし、近くの道路まで崖をよじ登り出たところが沼山峠と御池の間の道路であった・・・。
   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-26 18:51 | 七入オートキャンプ場
 c0206739_1392487.jpg
c0206739_139467.jpg
c0206739_1310680.jpg
c0206739_18746.jpg
高橋隊長とヨーダさんとともに七入オートキャンプ場の近くの山へ・・・最初に見つけたのが唐松花イグチというキノコ。ヨーダさん「これはベロンベロンっていうんだよーう。うまいんだよーう」次に見つけたのがマスタケ。高橋隊長「これは、森の肉!野菜と炒めると美味しいん。」さらに急傾斜を登っていく・・・高橋隊長「そーいやー注意事項!まず、土蜂に気をつけること。土蜂の巣があるといけないから、ぶーんぶーん耳元に飛んできたら離れること。蜂は黒いものを狙うから注意すること。次に声の聞こえる範囲内にいること。以上2点」さらに隊長「それから舞茸は、楢やブナの木のうろや根っこに生えるからそーいうとこ注意して。あと倒木も良く見て。それからキノコ見つけたら呼ぶこと!食えるかどうか確認するから。」そう教わって急斜面と格闘!私が見つけるのといったら月夜茸とか毒のあるキノコばかり・・・でも面々の方々も見つけられない。どうやら最近雨がちっとも降っていないから地面がカサカサなのが原因のよう。それで沢のほうに降りることに・・・。
 沢近くに来るとさすがに湿り気がでてきていろいろキノコを発見。ここでブナハリ茸を大量に発見。「これは炒めても、てんぷらにしても美味しいん」と隊長。その後、通称もだし(なら茸)を発見!そのほかミズを採ってキャンプ場へと帰りました。
c0206739_13112554.jpgその後キャンプ場で畑シメジも採りました。畑シメジとベロンベロン(唐松花イグチ)ともだし(ナラ茸)はちょうどママちゃんがスイトンを作っていたのでそれにいれ残りは隊長・ヨーダさんが腕をふるって野菜炒めにしてくれました。
 ヒビャ夫婦も到着し、留三郎小屋の隣にテントを設営し、私は燻製に取り掛かる・・・
 夕方になると気温はぐっと冷え込んできて、辰巳ファミリーテント(寒冷地仕様)のチビストーブが威力を発揮!大宴会場はポッカポッカになり夜の宴会と相成りました。
c0206739_13173014.jpg
c0206739_13184465.jpg

 途中からオーナー星さんも登場し盛り上がりながら夜は更けてゆきました・・・。
   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-26 12:56 | 七入オートキャンプ場
 辰巳ファミリーのテントも設営が終わり、少しのんびり・・・子供たちには薪拾いをやっていてもらっていたところ、13時頃怪しい面々隊の高橋隊長と、依田さん(通称ヨーダさん)が到着!
 わがファミリーの寒冷地仕様のテントに案内し「夜はここで宴会ですよー!これから燻製もしますよー」など話しながら再会の会話も弾みましたが・・・お二人いそいそと車の荷物を降ろし、留三郎小屋へ・・・暫らくするとすっかり着替えもすみ・・・「えっつ!もう釣り???」と思っていたら「辰巳さん今からやること特にないんでしょう?これからキノコ採りに行くよーう!」・・・私、実は夜の宴会の準備(燻製)をやりたかったのですが・・・
c0206739_10464219.jpgヨーダさん「辰巳さんのくつもすべて用意してあるよーう!」(渓流釣り用です。)私、「これすべるんじゃないんですかー?」隊長、「いや、これがいいんだ!かえってこっちのほうが歩きやすいんだよー」それで、私も足元を装備してついていくことにしました。
   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-26 10:50 | 七入オートキャンプ場
 お店での遅い朝食の後、実はひばりが丘(西東京市)でうんまいホルモンを買い込んできており、たぶんうんまい自家製燻製の用意もできており、仕事先の宮林さんが釣ってきた天然岩魚の冷凍物(木曽産とか・・・)があるのでこれで今夜の宴会の食材は大丈夫なのでとりあえずビール1ダースと焼酎・うまそうな会津産馬刺し・南郷トマト等野菜類を購入し、後は桧枝岐のJAマートでぼちぼち買うこととし再出発。
 途中、瑞季が中学校の修学旅行の農業体験民泊でお世話になった「かわせみ」立ち寄る。あいにくご主人は不在なれど、奥様がとーっても再会を喜んでくだされ、七入オートキャンプ場(3泊)の後、サンタヒルズへ行く前に立ち寄って朝食兼昼食を食べていくよう言われ恐縮しながら再度七入キャンプ場へとむかう。
 おおむね11時頃到着。(まあ今回も苦労してきたものだ。前回8月のことは辰巳ファミリーのHPにて紹介してあります。)
 到着後、オーナーの星さんに挨拶。星さん懐かしい会津訛りで、今回は予約状況だけでも想像を絶するほどお客さんが来るんで申し訳ないけど辰巳ファミリーにはテントを設営せず管理棟2階で寝てくれないかとのこと・・・。そうかぁやっぱり初めての方々にこのキャンプ場の醍醐味を味わってもらうために辰巳ファミリーがテントサイトを譲るか・・・じゃあ留三郎小屋の隣にはってもいいいかどうか聞いてそこにテントを設営することに・・・。c0206739_16284532.jpg
 実はママちゃんが4~5日前に電話をいれたところ同じことを言われていたので、最初っから小屋の隣に設営して怪しい面々隊の方々やヒビャ夫婦と宴会場にする予定であったのであります。
それと、小川テントのチビストーブを以前購入してあったものを使用し朝晩の冷え込み対策に使うにはどうするか今回工夫したかったのもあったのでーす。夜の暖かい大宴会を想像しながら出来た!辰巳ファミリーのテント寒冷地仕様!後部青いテントの天井より突き出た煙突をご覧あれ!
   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-25 16:24 | 七入オートキャンプ場
 9月19日(土)待ちに待ったシルバーウィーク初日!AM4:00起床。ママちゃんとマックの散歩。近くのコンビニでコーヒーを飲みに。その後、子供たちを起こし、バタバタと出発準備を・・・。おじいちゃんは昨日よりショートステイに行ってもらっている・・・。
 AM5:00我が家を出発。外環道を経て東北道へ。すでに渋滞情報。矢板ICから西那須野塩原まで渋滞30㌔・・・。東北道はそれほど混んでいないのにもう渋滞???でも順調に鹿沼まで進む。そのころには宇都宮ICから15㌔の表示が・・・。うーん渋滞が嫌いなので仕方なく鹿沼で降りることに・・・
 実は買い出しがまだなのであんまり早く七入オートキャンプ場に到着すると、途中で買物もできないので下道でゆっくり行くこととする。この辺はあんまり道を知らないのでカーナビで一般道(距離)で設定カーナビどおり進む。途中旧日光街道の勇壮な杉並木道を経て、車がほとんど通らない道をだんだん上がっていく・・・「サルに注意!」の看板がそこいらにある・・・「ここはどこお?」そうママちゃんと話しながら、「時間も7時半ごろだしまあいいか。」そのうち「大笹牧場」まで15㌔???「ってことは霧降高原へ向かっているの?」
 おなかがすいてくるし、どこにも道の駅の気配がないし・・・あきらめて進むと確かに大笹牧場だ。「じゃあきっとこの道は8月に台風9号にともなう大雨の時、自宅へ帰る際中、大渋滞をさけて栗山へむかった道の逆を走っているんだな・・・」そう確信して走行。
 だけど、牧場を過ぎてどんどん行くんだけどあの広い道路へ出ない。「湯西川温泉右」の看板。???
やっぱりよくわからない。そのうち砂利道になってしまった・・・。
 今更引き返せないので、あきらめて走行。瑞希は車酔いでぐったり。でも距離はこれが短いはず・・・と自分んいいいきかせつつ走行。でもまあ景色は絶景なんですよこれが・・・ただ、朝飯を食べれないのがつらい!
 山の頂上付近に工事関係の小屋があって、「これからこの道は整備されるんだな。しかしひどい道だぁ!」
途中工事関係者の運転の軽トラックとすれ違った。きっと運転者は、「こんな朝早くからなんなんだぁ?」って思っているに違いない。「カーナビの地図に田代山とあるが、ほんとここはどこ?」さらに砂利道をどんどん下る。到着予定時間はどんどん遅れていく。買い出しどころじゃない。朝食どころでもない。
 「ん!福島県と書いた杭が打ってある…」とーんでもない山越えルートで会津方面に抜けてしまったのです。
 
 そのうちトイレのある広い駐車場発見。車が2台止まっている。若者が二人山登りの支度中。「登山者は登山前にここでトイレを済ますこと…云々」の看板。
 「あのーカーナビどおりに来たらここへ来たんですけど。この道はどこへ行くんですかぁ?」っと若者に聞いたところ。愛想のよい福島なまりが返ってきた「湯の花温泉へいきますよぉ。この道ずーと来たんですか。大変ですねぇ。距離的には近道なんですけど却って時間がかかりますねぇ。まだ15・6㌔この道がつづきますよぉ」と教えてくれた。
 その駐車場でマックの散歩をして、砂利ガタガタ道の疲れた足腰を伸ばして出発。
 でもまあ待ちに待った七入オートキャンプ場へ向かっていることだけは確信したわけで、砂利道ガタガタルンルンの気分で走行したのです。
 若者が教えてくれたとおり30分くらいでまともな舗装の道へ・・・たいしていい道ではないのだけど滑らかな走行なんです。そういや私が子供のころはあんな道(すいませんそのころは四国にいまして・・・)そこいらじゅうにあったんだよね!そのうちどーにかお店(コンビニっぽいやつ)を見つけて遅い朝食。10時近くになっていました。

   辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-25 15:35 | 七入オートキャンプ場
c0206739_2157716.jpg

尾瀬沼からの燧ケ岳でーす。
 本日18時30分に帰ってまいりました。
 わたくしこと辰巳パパは、このシルバーウィーク、七入オートキャンプ場にて初日キノコ狩りで怪しい面々の高橋隊長と釣り師匠ヨーダさんによるキノコ狩り山歩き(すんげー傾斜!)二日目ヨーダ師匠と7時間に及ぶ源流岩魚釣り!三日目ファミリーで尾瀬ハイキングののちママちゃんと沼山峠から七入オートキャンプ場まで2時間ハイキング四日目サンタヒルズにて辰巳ファミリー農園での雑草との5時間に及ぶ格闘でもうへたへたでーす!
 今回のキャンプの報告は、このブログおよび、辰巳ファミリーのHPにて紹介してまいりまーす!
 ただ今回一番お世話になった、怪し面々隊高橋隊長・釣り師匠ヨーダさん!ヒビャ夫妻、奴隷隊員10号11号のアイヤマ夫妻13号の佐藤さん、七入オートキャンプ場のオーナー星さん夫妻!サンタヒルズオートキャンプ場のサンタファミリーさんとそこの唯ひとりの社員キムさんサンタヒルズで再会した、小川ファミリーの皆さま、15年ぶり再会の菅谷さんファミリー、愛犬マックとお友達になっていただいたワンちゃんセナちゃんファミリーの皆さまその他いっぱいであったお名前をお聞きしなかった方々本当にお世話になりました。
      辰巳パパより
[PR]
by tatsumi-family | 2009-09-23 22:01 | キャンプ情報